続・Weekender@Bangkok

ローカルグルメから最新レストランまで。バンコクを中心にタイの美味しいものをご紹介するブログです。

HOMEThaiWesternOthersTravel

【2017-18年末年始ベトナム旅行⑦】世界遺産の街・ホイアン旧市街をぶらぶら散歩

広告

1999年に世界文化遺産に登録されたホイアン旧市街。16世紀末以降、日本人含めさまざまな国の人たちが訪れ貿易港として繁栄した場所だけに、各国の建築様式・文化が混在する建物が今も残っています。ホイアンというと近年は「ランタン祭り」のイメージが強いですが、エキゾチックな雰囲気を楽しみながらの街歩きも楽しい場所です。

f:id:bangkoklife:20180113111558j:plain

 

旧市街に入るには入場チケットが必要

f:id:bangkoklife:20180113124158j:plain

ホイアンの旧市街にはお寺やオールドハウスなどの観光名所が22か所もあり、旧市街に入るには、それらの観光名所5か所分の入場券がセットになったチケットを購入する必要があります(外国人の場合、1セット120,000ドン・約590円)。厳密ではないかもしれませんが、有効期限は一応24時間と定められている模様です。

 

「通行するだけならチケットの購入は不要」という情報もたまにインターネット上で見かけるのですが、観光名所に立ち寄らない場合も入場券の購入は必要だと思います。この入場料金は歴史的建造物の修復・保存費用に使用されているそう。ホイアンは実は毎年のように洪水に見舞われる場所でして、木造建築が多いこともあり、そのメンテナンスは本当に大変なのだとか。

 

旧市街のこんなところを見てきました

今回は子ども連れなので駆け足での見学となりましたが、下記の場所をまわりました。

 

馮興家 (フーンフンの家)

日本橋の手前にあるお金持ち商人の家。日本的な建築様式が取り入れられています。2階からは日本橋を入れた街並みの写真が撮影できるとあって、かなりの混雑。私が訪れた際は2階に上がるのも結構大変でした(^^;)。現在も8代目のご子孫がお住まいです。

f:id:bangkoklife:20180113115505j:plain

 

 

広東会館

f:id:bangkoklife:20180113125224j:plain

日本橋からほど近い場所にある広東会館。広東省から来た中国人によって建設された建物だそうです。「会館」とある通り、集会所的な役割を果たしてきた建物ですが、祭壇には三国志関羽や航海の神様が祀られており、寺院的な場所でもあったのかなと思います。鮮やかな色で彩られていて美しい場所です。

 

 

タンキーの家 (進記家)

f:id:bangkoklife:20180113130457j:plain

ベトナム文化省から国の文化遺産としても認定されている伝統家屋「タンキーの家」。ベトナム、日本、中国の三か国の建築様式が混在した建物は風情たっぷりです。200年以上前に建てられたそうですが、こちらも現在もご子孫がお住まいになられています。私が訪れた際は団体の観光客がたくさん訪れていて激混みだったのが残念でしたね。もっとじっくり見たかったな~。

f:id:bangkoklife:20180113131245j:plain

 

 

カムフォー寺

f:id:bangkoklife:20180113132054j:plain

人気が無く、かなり閑散としていたカムフォー寺。鮮やかな黄色い壁が印象的な場所です。風情があって私は好きでしたが、他と比べると見どころは少ないので、チケット1枚を他に優先したいな~という方はここはパスしてよいかも。

f:id:bangkoklife:20180113132712j:plain

 

 

ホイアン民俗博物館

f:id:bangkoklife:20180113133343j:plain

伝統家屋を利用したミュージアムで、ホイアンの昔の暮らしぶりや文化が紹介されています。館内が薄暗く展示が見づらいのが残念だったけど、中庭がとても素敵で見応えありましたよ~。

f:id:bangkoklife:20180113133304j:plain

こちらの館内にはちょっとしたお土産コーナーもあるのですが、旧市街の一般のお土産屋さんで販売されているのと全く同じ商品が並んでいます。お土産コーナーのスタッフ曰く、ホイアンでポーチやバッグといった雑貨を購入するならここで買うのが一番安いとのこと(政府が運営しているそうです)。実際、ここを訪れる10分ほど前に母が他で購入したバッグがこちらでかなり安く売られていましたので、ホイアンでお土産探しをされる方は試しにこちらを一度のぞいてみるとよいかもしれません。ちなみにこの後フエに移動したら、ここで見たものがさらに安く売られていたという・・(笑)。

 

世界遺産のなかにある「ホイアン市場」もおすすめ

今回は上記5か所をまわったのですが、他にも旧市街には見どころがたくさんあります。今回はじっくり見ることができませんでしたが、旧市街のメインストリート、チャンフー通り沿いに広がる市場「ホイアン市場」もローカル色が強くて面白いですよ~。

f:id:bangkoklife:20180113134345j:plain


ホイアン市場については過去記事もよろしければ☆

2017年7月のホイアン旅行記です。

weekenderbangkok.hatenadiary.jp 

  

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村