続・Weekender@Bangkok

バンコクを中心に、タイで見つけた美味しいものを紹介するグルメブログです

HOMEThaiWesternOthersTravel

【バンコク・ローカル食堂】美味しい「プアックトート」を求めて「ハイセン フィッシュボール ヌードル」へ

広告

東南アジアのいまが分かる情報サイト「Tripping!」で先日紹介されていた食堂「ハイセン フィッシュボール ヌードル」が気になり、先日足を運んでみました。

f:id:bangkoklife:20171105091303j:plain

 

プアックトートが気になって・・・

私が読んだ「Tripping!」の記事はこちら。

tripping.jp

上記記事では、タイ料理ライターの白石路以さんが「ルークチンがとにかくおいしい老舗麺食堂2選」と題し、2つの老舗食堂を紹介されています。どちらのお店も美味しそうだな~と思いながら拝見したのですが、特に気になったのが「プアックトート(タロイモを揚げたもの)」が美味しいという「ハイセン フィッシュボール ヌードル」というお店。プアックトート好きとしては行くしかないでしょう!と思ったわけです。

 

揚げたてのプアックトートが絶品!

お店があるのはチュラ・ソイ9。タイの名門大学・チュラロンコン大学から近いこの一帯には美味しそうなローカル食堂がたくさんあり、個人的にもっと探索したいと思っている場所でもあります。

以前に当ブログでご紹介した人気のジョーク店もこのエリアにありますよ~。

weekenderbangkok.hatenadiary.jp

 

ハイセン フィッシュボール ヌードルはラマ4世通りとチュラ・ソイ9がぶつかる場所にあり、お店の場所は非常にわかりやすいです。白石さんが書かれた記事によれば、この場所で店を開いてから15年以上、創業自体は80年を超えているとのこと。かなりの老舗店のようです。

 

この日、お店に到着したのは13時頃だったのですが、店内にはお客さんがいっぱい。ご近所さんというよりは、車でわざわざ食べに来ている感じの人が多そう。

f:id:bangkoklife:20171105093639j:plain

 

着席してまずはプアックトート(40B)を注文すると、揚げたてがすぐに運ばれてきました。見るからに美味しそうです!

f:id:bangkoklife:20171105094138j:plain

記事には“サクッ”と“モチッ”を繰り返す食感のバランスが絶妙という紹介がされていたのですが、本当にその通り。そのまま食べるとサクッとした食感を味わえてスナック感覚で楽しめるのですが、後から来た麺のスープに浸すとこれがまた絶品で!普通の麺食堂で出てくるプアックトートに比べると1個1個が大きめで食べ応えも抜群なのですが、美味しいので、ついついたくさん食べてしまいました。。。

 

麺はトムヤムとイェンターフォーを注文してみました。

f:id:bangkoklife:20171105095156j:plain

f:id:bangkoklife:20171105095559j:plain

トムヤムのスープはスッキリとした辛さが光る上品な味わいでなかなか。麺はバミーにしたのですが、麺自体も美味しかったです。一方のイェンターフォーはというと、かなりのあっさり目で、紅腐乳の酸味やコクが薄く感じ、物足りなかったかなと。次回訪れる場合もトムヤムを注文するかなあ。。。という感想です。

 

個人的には麺料理自体が格別に美味しいという感想は持ちませんでしたが、価格が40B~と良心的ですし、日常使いするお店としては十分美味しい麺食堂なのではないかと思います。プアックトートが最高に美味しかったので私はまた再訪すると思います!

 

お店があるエリアは交通のアクセスがもう少し良ければ最高なのにな~、というエリア。せっかくなので、ついでにあれこれ食べ歩きしてくるのがおすすめです ^^

 

☆イェンターフォー・個人的NO.1店はこちら☆

weekenderbangkok.hatenadiary.jp

 

お店情報

f:id:bangkoklife:20171105090650j:plain

ハイセン フィッシュボール ヌードル(Hai Seng Fishball Noodles)

住所:357/4 Soi Chula 9, Wang Mai, Bangkok

TEL:(66)86-808-5456

営業時間:12:00~23:30

アクセス:サムヤーン駅(MRT)から徒歩8分程度

駐車場:ソイ・チュラ9に有料駐車場があります

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村