続・Weekender@Bangkok

バンコクを中心に、タイで見つけた美味しいものを紹介するグルメブログです

HOMEThaiWesternOthersTravel

【バンコク・イラン料理】ペルシア料理の美味しさに感激!「Mohsen Restaurant」

広告

美味しいという評判を聞きつけ、先日イラン料理(ペルシア料理)のお店「Mohsen Restaurant」に行ってきました。イラン料理店と銘打ったお店に行くのはたぶん初、ということで、大変楽しみにしていたのですが、予想以上に美味しいお店で大満足でした。

f:id:bangkoklife:20170531081801j:plain

 

イラン料理(ペルシア料理)とは

中東料理のお店が多数あるバンコク。これまで旧ブログでは下記のお店をご紹介してきました。

masabk.exblog.jp

masabk.exblog.jp

masabk.exblog.jp

 

中東料理はもともと好きなのですが、イラン料理(ペルシア料理)の特徴がよくわからなかった私。というわけで、お店に足を運ぶ前に調べてみたところ、下記のような特徴がわかりました。

料理の味付けは薄めで、ふんだんに使われた香草と香辛料で風味が付けられている。

食材は温・冷・乾・湿の4種類に分類され、分類に基づいた食材の組み合わせがされている。また、それぞれの性質は気候や体調に応じて使い分けられている。甘酸っぱい味付けが特徴で、デザートではない一つの料理に甘味のある食材と甘味の無い食材を使用する点に特徴がある。

  イラン料理 - Wikipedia

  

「香草や香辛料を使用しつつも素材の味を生かしたシンプルな料理」「他の中東国の料理同様に酸味がキー」「なんとなくヘルシーそう」、そんなイメージを抱きました。実食がますます楽しみに!

 

シンプル・・だけど美味しい!

メニューを開くと日本人にもお馴染みのケバブメニューがずらり。

f:id:bangkoklife:20170531101847j:plain

 

近くのテーブルでケバブを食べている人の様子を見ると非常に美味しそうで、ケバブも気になったのですが、今回は事前に目をつけていたメニューがあったのでそちらを注文。写真のBademjan Stew(200B)、なすと牛肉のシチューです。

f:id:bangkoklife:20170531102319j:plain

絶対これ美味しいはず!と期待していたんですが、本当に美味しかった!期待以上でした。なすも牛肉もとろっとろに煮込まれています。日本人が想像する一般的な「ビーフシチュー」とは違って重くないので、さらっさらと食べることができるんですよね。自然な甘みとほのかな酸味のバランスが絶妙で、思わず「美味しい!」と声が出てしまいました・・。

 

シチューと一緒に出てきたご飯はこちら。軽く2人前はあります(笑)。写真で茶色くなっている部分は「お焦げ」です。イランの方々はご飯のお焦げが大好きなんだそうですよ。現地では「tahdig」と呼ぶそうなんですが、おもてなし料理としてもわざわざお焦げを出したりするそうです。

f:id:bangkoklife:20170531102939j:plain

シチューもご飯も2人前以上という感じで、かなりのお腹いっぱいに。美味しいのでシチューは頑張って完食しましたが、この日の晩御飯はさすがにあまり食べることができませんでした・・。

 

そうそう、お通しに出てきたこちらも美味しかったです。食べ方が正しかったのか謎ですが、ミネストローネスープですね。さっぱりと優しい味でした。

f:id:bangkoklife:20170531103749j:plain

 

店内にいたお客さんは私以外は全員中東系の方でしたが、男性も女性もモリモリ食べるなー!という印象。一品一品のボリュームが多いので、こちらのお店は大勢で来たほうが絶対に楽しめると思います。食べたいメニューが他にもいろいろあったので、私も次回はグループで訪れたいと思います。

 

お店情報

f:id:bangkoklife:20170531104118j:plain

Mohsen Restaurant

http://www.mohsen-restaurant.com/

住所: 6 Soi Prachum, Silom Road, Bangkok

TEL:(+66)2-235-3970

営業時間:10:00~22:00(日曜定休)

アクセス:スラサック駅(BTS)から徒歩13分

駐車場:無し

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村