読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・Weekender@Bangkok

「続・Weekender@Bangkok」はタイ・バンコクで見つけた美味しいものをご紹介するグルメブログです。

HOMEThaiWesternOthersTravel

【バンコク・ローカル食堂】海南島スタイルのカノムチンを初体験!「カノムチンハイラム」

広告

今回は「中国のハワイ」と呼ばれる中国・海南島(ハイナン島)のスタイルで食べる「カノムチン」を提供しているお店のご紹介です。今回初挑戦した「カノムチンハイラム」はタイの「カノムチン」とは全く違った非常に面白い麺料理でした!

f:id:bangkoklife:20170512155042j:plain

 

 

OL市場「ラライサップ市場」入り口にあるお店

今回私が足を運んだお店はシーロム・ソイ3にあるサービスアパート「Thai Pipat House」の1階部分にあります。わかりづらいのですが、シーロム・ソイ3からOL市場「ラライサップ市場」に続く小道を入ってすぐ左手にお店の入り口があります。

bangkoklife.hatenablog.com

 

青い屋根と赤い柱が目印です。

f:id:bangkoklife:20170512160546j:plain

 

なんとなく入りづらい店構えですが、下の写真の厨房脇、左手奥にある引き戸を空けた奥に客席があります。

f:id:bangkoklife:20170512160730j:plain

お昼時の店内は近隣の会社員・OLのグループ客で賑わっていましたが、奥にカウンター席があったのでひと安心。1人でも気兼ねせず来れそうです。

 

独特な風味、初めての味

タイに住んで6年目の私、タイ料理を食べて味に驚いたり、新鮮味を感じることもだんだんと少なくなってきたのですが、久々にガツンと衝撃を受けた今回の「カノムチンハイラム」。以前にこの近辺で働いていた夫のおすすめで今回足を運んでみたのですが、夫から聞いていた通り、新鮮な驚きに溢れた一品でしたね~。

 

f:id:bangkoklife:20170512162214j:plain

たっぷりのパクチーの下にはホロッホロに煮込まれた牛肉と大根、そして日本のうどんのような見た目の麺。かき混ぜると、ゴマ、にんにく、セロリ、ピーナッツ、タイの漬物「パッカードーン」もたっぷりと具だくさんの一品です。

 

一口食べての感想は・・「今までに一度も食べたことがない味」。とろみのある独特な茶色いソースを麺に絡ませて頂くのですが、このソース、酸味があるけどどことなく優しい味わいなんです。八角の香りがして中華っぽい味わいではあるんだけど、パクチーやパッカードーンの味が入ってきてタイ風でもあり・・。なんとも複雑な味わいでした。実は二、三口食べた段階では「ん?ん?」という感じでちょっと微妙かしら?なんて思っていたのですが、食べ進めるうちに「あ、美味しいかも」と感じるようになり、結局完食。ごちそうさまでした。

 

ちなみに、お店の入り口には日本語媒体での紹介記事の切り抜きが貼られていました。記事右下に写真が掲載されているスープありもとっても美味しそうです。

f:id:bangkoklife:20170512165033j:plain

実はスープ有りと無しを両方食べてしまおう!と企んでいたのですが、1杯が結構なボリュームだったので今回はスープ有りは諦めました。近々、再訪してスープ有りも是非食べてみたいと思います。

 

☆近隣のこちらもおすすめ☆

weekenderbangkok.hatenadiary.jp

 

masabk.exblog.jp

 

お店情報

f:id:bangkoklife:20170512161101j:plain

カノムチンハイラム(ขนมจีนไหหลำ)

住所:16 Soi Silom 3 Silom, Bang Rak, Bangkok

TEL:(+66)81-920-6554

営業時間:07:30~14:00(月~金のみ営業)

アクセス:サラデーン駅(BTS)から徒歩5分

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村