読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・Weekender@Bangkok

「続・Weekender@Bangkok」はタイ・バンコクで見つけた美味しいものをご紹介するグルメブログです。

HOMEThaiWesternOthersTravel

<追記しました>【2泊3日でカオラックを満喫①ホテル編】Casa de La Floraで叶える極上ステイ [PR]

広告

先日、タイの連休を利用して、タイ南部のビーチリゾート「カオラック」へ家族で遊びに行ってきました。

プーケット国際空港から車で約1時間ほどの場所にあるカオラックは海と山両方の魅力にあふれ、一大観光地化したプーケットとはまた違った楽しみ方ができる場所でした~!今回2泊3日の旅程で思う存分カオラックを遊び倒してきた私が、カオラックの魅力を数回に分けてお届けします。

f:id:bangkoklife:20170502204118j:plain

 

【目次】 

 

カオラックについて

 

パンガー県に位置するビーチリゾート・カオラックプーケットから100Kmほど北上した場所にあります。タイ南部の人気ビーチリゾートというと、まずはプーケットを思い浮かべる方が多数だと思いますが、ここカオラックも実はヨーロピアンに絶大な人気を誇る場所なんです。

f:id:bangkoklife:20170503002004j:plain

 

その人気の一番の理由はカオラックと周辺地域に残る手つかずの大自然アンダマン海に面した美しいビーチと緑豊かな山々の両方を満喫することができるカオラックは、大自然をアクティブに満喫したいという人には最高の場所なんです。また、世界最古の熱帯雨林の一つと言われるカオソック国立公園や、世界有数のダイビングスポットと知られるシミラン諸島へも日帰りで気軽に遊びに行くことも可能なんですよ。

街の様子はというと、素朴でのどかな雰囲気がまだまだ残っています。大型のショッピング施設や華やかなナイトライフを楽しめるスポットは皆無ですが、ゆったりとしたリゾートライフを過ごしたいというカップルやファミリーには最適な場所だと思います。

 

Casa de La Floraで叶える極上ステイ

手つかずの自然に恵まれ、ゆったりとした街の雰囲気が魅力的なカオラックですが、せっかくならばホテルにも少しこだわって、上質なリゾートステイを楽しみたいもの。今回私が宿泊したホテル「Casa de La Flora」はまさにそんな願いを100%叶えてくれるホテルでした。

http://www.casadelaflora.com/

f:id:bangkoklife:20170503001913j:plain

 

Casa de La Floraはバンニアンビーチに位置する、全36室のプールヴィラとプールスイートから成るブティックリゾート。バンコクに拠点を置くVaSLab Architectureがデザインを手掛けたこのホテルには、ガラスファサードを備えたキューブ型の独創的なヴィラをはじめ、優雅な雰囲気をたたえたインフィニティプール等、モダンなデザインや遊び心のある空間がたくさん。それでいて、周辺の自然環境との調和がしっかり取られているため、スタイリッシュでありながら、心安らぐ空間が提供されています。

f:id:bangkoklife:20170503002002j:plain

 

Casa de La Floraの7つのおすすめポイント

①プライベート感たっぷりな客室

Casa de La Floraの客室はすべてが独立したヴィラタイプとなっています。ヴィラのゲートをくぐると同時にプライベートがしっかり確保される造りとなっており、まるで自宅にいるかのように寛ぐことが可能です。

また、全客室にプライベートプールを完備。いつでも好きなときに思いっきり水遊びを楽しむことができるのが子連れにはありがたかったです。小学生の息子もこのプライベートプールには大喜びでした。

f:id:bangkoklife:20170503031117j:plain

 

今回、私は2階建ての「Duplex Pool Suite」という客室に宿泊したのですが、非常に開放的なつくりでありながら、人目を気にせず寛ぐことができるように客室が設計されていたのが印象的でした。特に2階部分は窓が大きく取られ、自然光がたくさん入ってきて気持ちが良いんです。2階のバルコニーにはサンベッドが設置され、ごろごろしながら海を眺めることも可能なのですが、視界を遮るものがなく、また誰かの視線を感じることも無いので、心の底からリラックスできましたよー。

f:id:bangkoklife:20170503101624j:plain

バスルームも開放的で広々としたつくり。バスタブも大人数名で入っても問題なさそうな大きなものでした。

f:id:bangkoklife:20170503102343j:plain

 

②至れり尽くせりのルーム・ファシリティ

私がまず驚いたのが、チェックインの際にルームフレグランスとアメニティを選んでくださいと言われたこと。滞在する部屋を彩る香りを4種類から、またアメニティはタイのホーム・スパブランド 「THANN」の2種類の香りから好きなものを選ぶことができるんです。滞在中、外出から戻るたびに、客室が自分の好きな香りで満たされているのは大変気持ちが良いものでした。

f:id:bangkoklife:20170503103034j:plain

f:id:bangkoklife:20170503103313j:plain

 

客室には各種エンターテイメントシステムも完備。アクティビティの合間や夜寝る前のちょっとした空き時間にオンデマンドで映画を楽しむことができるのは助かりました。

f:id:bangkoklife:20170503103932j:plain

 

また、客室ではLAVAZZAのコーヒー、TWGの紅茶、冷蔵庫内のドリンクをすべて無料で楽しむことができ、滞在中は毎日補充してもらうことができます。買い出しでリゾートの外にいちいち出る必要が無いので、これは非常に助かりました。

f:id:bangkoklife:20170503104618j:plain

f:id:bangkoklife:20170503104454j:plain

 

③美味しい食事を満喫できる「La Aranya」

このブログをいつもお読みいただいている皆様はよくご存知だと思うのですが、私の趣味は食べること。旅行先でも食事を外すことがないようにしたいなと常々思っているのですが、今回宿泊したCasa de La Floraのレストラン「La Aranya」はそんな私にとっては大満足のホテルダイニングでした。

f:id:bangkoklife:20170503110118j:plain

 

朝食はアラカルトから好きなものをオーダーし、パンやサラダはビュッフェスタイルで頂くという形式だったのですが、アラカルトメニューには和・洋・タイ料理が豊富に揃っています。こちらのホテルに宿泊する欧米人には1~2週間ほど滞在していく人が多いそうなのですが、そういった中長期滞在の場合であっても、朝食に飽きる心配は全く無さそうでした。

f:id:bangkoklife:20170503110414j:plain

 

ビュッフェで提供されているパンやジュースも美味しいものばかり。滞在中は毎朝の朝食が楽しみで仕方ありませんでした。

f:id:bangkoklife:20170503110604j:plain

f:id:bangkoklife:20170503110620j:plain

f:id:bangkoklife:20170503110651j:plain

 

昼食にはタイ料理を頂いたのですが、どの料理もこれまた絶品!良質の素材を使用し、丁寧に調理されたこちらのタイ料理は、バンコクの美味しいタイ料理店を食べ歩いているという方でもきっと満足できるレベルだと思います。

f:id:bangkoklife:20170503111133j:plain

f:id:bangkoklife:20170503111208j:plain

特に、ソフトシェルクラブを使った写真のグリーンカレーは絶品でしたよ!

f:id:bangkoklife:20170503111251j:plain

 

④至福のサンセットタイム

ビーチリゾートに宿泊する際、ビーチから眺めるサンセットを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。私もそんな一人なのですが、Casa de La Floraのビーチサイドで眺める夕陽は最高でした。

f:id:bangkoklife:20170503112040j:plain

そんな至福のサンセットタイムに更なる幸福感を与えてくれたのが、美味しいカクテル。

f:id:bangkoklife:20170503112152j:plain

 

スタッフおすすめのジン「Caorunn」でカクテルを作ってもらったのですが、美味しかったですねー。大袈裟でなく「生きててよかった」という気持ちになった、至福のサンセットタイムでした。

f:id:bangkoklife:20170503112609j:plain

 

⑤ トワイライトタイムの屋上ディナー

f:id:bangkoklife:20170503171927j:plain

 

美味しいカクテルと素晴らしいサンセットを満喫した後は、レストラン「La Aranya」のルーフトップに移動し、BBQを楽しみました。トワイライトタイムの空の色の移り変わりを眺めながら、新鮮なシーフードやお肉を思いっきり満喫。最高の時間です。

f:id:bangkoklife:20170503171729j:plain

f:id:bangkoklife:20170503172934j:plain

 

⑥充実したホテルアクティビティ

Casa de La Floraでは宿泊者に対し、さまざまなアクティビティを提供しています。私はバティック・ペインティングとビーチヨガに参加しました。

f:id:bangkoklife:20170503175712j:plain

f:id:bangkoklife:20170503175804j:plain

f:id:bangkoklife:20170503175831j:plain

バティック・ペインティングとヨガ、ともに未経験の小学生の息子と一緒に参加したのですが、どちらのアクティビティも未経験者でも楽しく取り組むことができる内容でした。ほかにもカヤッキング、タイボクシング、タイ料理クッキングクラス等、豊富なアクティビティが用意されているので、長期滞在でも時間を持て余す心配は無さそうです。また、別記事で詳しくご紹介しますが、ホテルで手配が可能なホテル外のアクティビティも多数揃っています。

ホテルで取り扱っているツアーの詳細は下記よりご確認ください。

http://www.casadelaflora.com/touch_see.html

 

⑦ホスピタリティマインド溢れるスタッフ

Casa de La Floraはブティックリゾートということで、チェックイン前に心配していたのが「子連れで大丈夫かな?」ということ。実際に宿泊してみると、欧米人の落ち着いた客層が中心の、予想通りの大人のリゾートという感じだったのですが、フレンドリーなスタッフが何かと子どもに声をかけてくれるので、子連れの私たちも窮屈な思いをすることなく、リゾートライフを楽しむことができました。

f:id:bangkoklife:20170503182549j:plain

 

なお、トリップアドバイザーやBooking.com等の口コミを見てみても、スタッフのサービスマインドを高く評価する内容が多く掲載されています。タイのリゾートならではのフレンドリーな接客と、5つ星ホテルならではのきめ細やかな配慮が合わさったこちらのホテルサービス、ホスピタリティという面では100点満点だと思います。

 

ファミリーにこそおすすめしたいホテル

ブティックリゾートというと、家族連れには縁遠いものに思ってしまいがちですが、子連れでもハイセンスなホテルで過ごしたい!長期休暇は思いっきり非日常感を味わいたい!という時もありますよね。Casa de La Floraにはキッズルームやキッズプール等、子ども向けの施設こそありませんが、ファミリーフレンドリーなホテルということで間違いありません。日常を忘れてのんびり家族で過ごしたいというファミリーには心からおすすめできるホテルです。

Casa de La Floraでは季節に応じたさまざまな宿泊プロモーションが用意されています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

http://www.casadelaflora.com/special-offer.html

 

今後の記事でカオラックの魅力について更にお伝えしていく予定です。どうぞお楽しみに!

 

(2017.05.07追記)実は今回のカオラックバンコク在住ブロガー・サクさんとご一緒させていただきました!サクさんの旅行記もUPされておりますので、ぜひご覧になってみてくださいね♡

タイのビーチリゾート・カオラックでどんなとこ?【カオラック旅行記2017-①】[PR] - サクのバンコク生活日記

カオラックの5つ星デザインホテル Casa de la flora 【カオラック旅行記2017-②】[PR] - サクのバンコク生活日記

シークレットビーチへのシュノーケリングツアー【カオラック旅行記2017-③】[PR] - サクのバンコク生活日記

  

ホテル詳細

f:id:bangkoklife:20170503001937j:plain

Casa de La Flora

住所: 67/213 Moo 5, Khuk Khak, Khao Lak, Phang-nga  Thailand

TEL:(+66)76-428-999

HP:http://www.casadelaflora.com/

FB:http://www.facebook.com/casadelaflora

Instagramhttps://www.instagram.com/casadelaflora/

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村