読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・Weekender@Bangkok

「続・Weekender@Bangkok」はタイ・バンコクで見つけた美味しいものをご紹介するグルメブログです。

HOMEThaiWesternOthersTravel

【チャンタブリー・ホテル】築150年以上の住宅をブティックホテルに!「Baan Luang Rajamaitri Historic Inn」宿泊記①

広告

ソンクラン休暇の後半はバンコクから車で3時間強の場所にあるチャンタブリ―県に行ってきました。チャンタブリ―はカンボジアと国境を接しており、古くから「宝石の街」として知られる場所。フランスの統治を経たり、ベトナムからの移民を受け入れた歴史があるチャンタブリ―はさまざまな文化の影響を感じることができて、非常に面白い街でした。

今回はチャンタブリ―旅行記の第一弾として、宿泊したホテル「Baan Luang Rajamaitri Historic Inn」をご紹介します。

f:id:bangkoklife:20170417102022j:plain

Chantabun Riverside Communityに位置するホテル

f:id:bangkoklife:20170417105256j:plain

今回私が宿泊したホテル「Baan Luang Rajamaitri Historic Inn」はChantabun Riverside Communityと呼ばれるオールドタウンの中にあります。地域の人々の暮らしを尊重しつつ、歴史的な建造物の保護と地域コミュニティの再生を目指しているというこのオールドタウン、タイ人の若者に今大変な人気を集めています。

車一台がようやく通れるほどの細い通りの両サイドには古い家屋がずらり。昔ながらの商店もあれば、古い建物を改築しておしゃれなカフェやバーとして営業している場所も。ホテル「Baan Luang Rajamaitri Historic Inn」も築150年以上の歴史ある家屋を使った、そんなリノベート物件のうちの一軒です。

www.baanluangrajamaitri.com

 

 

 オープンな雰囲気のホテルロビー

地元の名士として活躍したLuang Rajamaitri(Poom Poonsri)氏が所有していたというこちらの物件。親族からの物件の寄付を受け、地元の人々・チャンタブリ―を愛する人々からの寄付によって改装を行い、とても素敵なホテルに生まれ変わったのだそう。そんな経緯もあって、単純に宿泊施設というだけでなく、街の歴史を学ぶ場所としても機能しています。1階のロビー部分には宿泊者以外の方も出入りが許されており、展示されているアンティークなどを自由に見学することができるんですよ。

f:id:bangkoklife:20170417104419j:plain

f:id:bangkoklife:20170417105942j:plain

 

ホテルのフロントもオールドタウンの通りに面しており、なんとも開放的。

f:id:bangkoklife:20170417105358j:plain

全部で12室しかない小さなホテルとあって、スタッフは少人数でのオペレーションなんだろうなという印象でしたが、フロントスタッフはとても親切で観光の相談にもたくさん乗ってくれました。フロントスタッフ曰く、宿泊者はタイ人が圧倒的に多いそうですが、欧米人、日本人、韓国人も多いそう。ちなみに私が滞在していた間は満室だったようですが、見かけたのはタイ人のお客さんばかりでしたね。

 

ウェルカムドリンクはチャンタブリ―名産の小ぶりなミカンを使ったジュース。さわやかな酸味が美味しいジュースでした。

f:id:bangkoklife:20170417105900j:plain

 

次回の記事で客室や食事についてご紹介していきたいと思います。

 

ホテル情報 

f:id:bangkoklife:20170417100930j:plain

Baan Luang Rajamaitri Historic Inn

http://www.baanluangrajamaitri.com/history-en/

252 Sukhaphiban Road, Watmai, Mueang Chanthaburi District, Chanthaburi

TEL:(+66)88-843-4516

アクセス:バンコク中心部から車で約3時間20分

駐車場:あり

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村